【怪獣8号】を全巻お得に読む方法はこちら >>

【葬送のフリーレン】大魔法使い「フランメ」の強さや魔法について解説!(ネタバレ)

アニメ・漫画
※本記事はアフィリエイト広告を含みます。

この記事では、フリーレンの師匠大魔法使いフランメについて解説します。

フリーレンの師匠でもあり、ゼーリエの弟子でもあるフランメ。

今では人間でありながら1000年前から語り継がれる大魔法使い

その強さや性格、過去、人物関係に至るまで解説していきます。

(既刊12巻2024年1月現在)(ネタバレを含んでいます)

この記事を読めば大魔法使いフランメのすごさが伝わること間違いなしです。

\マンガを読むためのお得情報/

【葬送のフリーレンン】をお得に読むならコミックシーモアがオススメ!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

コミックシーモアのオススメポイント

  1. 初回限定特典で1冊70%OFFクーポンがもらえる!
  2. 月額メニューへの登録&継続で最大20,000ポイントが返ってくる!
  3. 連続訪問で最大130ポイントもらえる!
  4. LINEとの連携で最大500ポイントもらえる!
  5. 他にもクーポンやキャンペーンを活用すればさらにお得に!

★還元ポイント分で購入すれば実質無料★

全12巻6,402円(5,820pt)➡実質0円

\【葬送のフリーレン】を全巻お得に読む/

注:ネタバレが含まれますのでご注意ください。

↓ ↓ ↓

大魔法使いフランメの要点まとめはこちら

・魔法史に残る1000年前の人間の大魔法使い

人間の文化に禁忌とされた魔法の研究の許可を得た

・フリーレンの師匠であり、ゼーリエの弟子

・姉御肌

ここから大魔法使いフランメについて解説していきます。

【葬送のフリーレン】フランメの概要

引用:葬送のフリーレン公式サイトより

種族:人間

享年:80~90歳

地位:大魔法使い・宮廷魔法使い制度を設立

フランメの初登場は1巻第7話で、フランメとアイゼン、フェルンがフランメに手記をフォル地方で探していた時の回想での登場でした。

【葬送のフリーレン】フランメの性格

・戦いに関して卑怯者

・優しい魔法で溢れた世界を望んでいた

・魔族が憎い

・判断が早く、気の強い姉御気質

フランメもフリーレンと同じで、魔族に全てを奪われ、魔族を根絶やしにしたいほど憎いと感じています。

魔族が魔力を見せびらかす姿を生涯かけて研鑽してきた自らの魔法に対する自信と信頼をクソみたいな驕りと油断と発言。

「強さ」とは誇示しないとわからないものであり、人間であれば衣服など着飾っているものによって権力を示そうとするが

魔族にとっての「強さ」とは純粋な強さであるため魔族は魔力を馬鹿正直に顕示するのだといいます。

魔族に勝つためなら魔法使いとしての研鑽を積んだ成果を現しているようなものを騙し討ちをしてでも勝つという信念から、

自信を魔法愚弄しているとフランメは語っています。

【葬送のフリーレン】フランメの強さ

ゼーリエほどの高みへは到達しなかった

・1000年後の現代の魔法を凌駕する結界魔法

・魔王軍の将軍レベル3人を瞬殺

相手が認識した魔力の誤差で欺いて殺す。

誇り高き魔法を愚弄した卑怯で最低な戦い方

漫画「葬送のフリーレン」第3巻21話フランメより

フランメの戦法としては正面からは戦わず、逃げる、隠れる、不意打ちする。

魔族が言葉で人を欺くように魔力で魔族を欺く。

熟練の魔法使いの戦いにおいて、相手の魔力を見誤るというのはは死に直結しかねないため、自身の魔力量を徹底的に見誤せることです。

特に魔族に対しては生涯をかけて魔力量をコントロールし見破れないようにします。

フランメの最初の戦闘シーンはフリーレンの村を全滅に追い込んだ、

魔王軍の将軍より強い魔法使いを3人まとめて一掃したことです。

魔法を使用したのかはわかりませんが圧倒的な魔力を瞬時に爆発させるように解放し瞬殺することとなりました。

フランメが1番好きな魔法は綺麗な花畑を出す魔法。幼い頃に両親が教えてくれたのがきっかけです。

【葬送のフリーレン】フランメの偉業

引用:葬送のフリーレン公式サイトより

・言葉を話す魔物を魔族と定義付けた。

・人類の魔法史に名を残した。

・統一帝国時代にゴーレムを開発。

・オレオール=魂の眠る地の発見。

・1000年後の今もなお魔族から守る防御結界。

・皇帝が魔法の研究の認可を下した。

「魔族」と定義付けた

フランメはフリーレンの世界では当たり前のように出てくる「魔族」という言葉を定義付けています。

しかし、魔族は1000年以上前から既に存在しているため、魔族というものを正確に定めたのがフランメのことなのだ思います。

魔族という定義の祖先は人を誘き寄せるために物陰から助けてと言葉を発した魔物だということです。

魔物にとって人間はエモノにしかならないので人間を引き寄せる方法が言葉だと気づき、巧みに利用できるようになったのだと思います。

ゴーレムの開発

フランメが開発したとされる調理用ゴーレムが登場しますが、一般にはまだ広まっていないようで、村の住民からは正体がわからなかったようです。

調理用ゴーレムということは、フランメが開発した軍事用のゴーレムなど他にもあると考えられます。

フリーレンによると調理用ゴーレムはフランメが平和な時代になった時のために開発したもので、魔法によって便利になる世界を実現したかったのです。

魔法史に名を残している

聖都にはフランメの記録が残されています。

実際にハイターは聖都に残されたフランメの情報をもとに「フランメの手記」のありかを突き止めています。

この手記より、フランメは研究により魔族と人類の魔法体系には天と地ほどの差がある述べています。

それはフリーレンたちが使用している魔法よりもはるかに違うため

魔法の中でもまるでおとぎ話に出てくる魔法だといわしめるほどだといいます。

防護結界

魔族の侵入を防ぎグラナト伯爵領を守ってきたフランメの防護結界は

現在の魔法でも超えられないほどだといいます。

【葬送のフリーレン】フランメとフリーレン

引用:葬送のフリーレン公式サイトより

フリーレンはフランメの一番弟子です。

フリーレンとフランメの出会いは1000年前、

フリーレンの村が魔族に襲われ、1人生き残ってしまったフリーレンを助けたのがフランメです。

フランメとフリーレンはフォル盆地で50年ほど一緒に過ごしていたと考えられます。

フランメはフリーレンには復讐のための魔法しか教えなかった。

フランメやゼーリエでは魔王を倒すことがてきず、フリーレンが魔王を倒してくれると信じていた。

フリーレンは平和な時代の魔法使いだ。

漫画「葬送のフリーレン」第5巻44話フランメより

しかし、そんなフランメも1番お気に入りの魔法は花束を出す魔法で、今のフリーレンにとっても大好きな魔法となっています。

フランメはよく命乞いをしていた?

第2巻14話より死者の幻影を見せて人を誘い込むファインザームという魔物が登場する話で、

フリーレンはフランメの命乞いを聞き慣れていたと発言しています。

まだ、その場面は明かされてはいませんが、しっかりとした師匠の雰囲気があるのに命乞いをするのはなにがあったのか気になります。

【葬送のフリーレン】フランメとゼーリエ

引用:葬送のフリーレン公式サイトより

ゼーリエの弟子で、気まぐれで育てられたようです。

フリーレンと同様に幼い頃に両親を亡くしていたと考えられます。

フランメはゼーリエを師匠(せんせい)と呼んでいます。

フランメはゼーリエから魔法について多くのことに学んでいると考えられるため、

フリーレンにフランメが伝えた戦闘方法はゼーリエがフランメにおしえたことなのかもしれません。

フランメがゼーリエに残した遺言状

約1000年前、人間の文化圏では魔法の表だった研究は魔族の技術として禁止されていたが、

フランメの努力により統一帝国の皇帝が国を挙げた魔法の研究に認可をおろしました。

フランメは新設された統一帝国の宮廷魔法使いの教育に携わっていた。

その宮廷魔法使いの教育の後任としてゼーリエに引き継いでほしいという内容でした。

ゼーリエはこの遺言を破り捨てることとなりますが、

人間の文化圏で魔法の研究の認可が下りただけでも立派な快挙だと述べます。

魔法の研究の認可が降りたことは、

大陸全土を支配していた統一帝国が魔法の研究と軍事転用を始めるということで、

周辺諸国の警戒は強まったようです。

人類の誰もが魔法を使える時代がやってくるんだ。

これは遠くない未来に人類が魔王軍に抗う力を手に入れることを意味する

漫画「葬送のフリーレン」第6巻53話

フリーレンによるとフランメはゼーリエが遺言状を破り捨てると分かっていたようで

それでも、伝えておきたかったんだって、

夢が叶ったよって。

漫画「葬送のフリーレン」第6巻53話フリーレンより

世界中の誰もが魔法を使える時代がフランメの夢であり、

これはフランメがゼーリエよりずっと背の小さく、幼かった頃にかたったゆめものがです。

フランメはその大きな立役者となったのでした。

フランメのお気に入りの魔法は花畑を出す魔法をゼーリエは今でもしっかりと覚えています。

不器用ながらもお互いを大切に思っていたことがわかります。

【葬送のフリーレン】漫画を無料で読む方法は?

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

結論からいうとフリーレン全巻は無料で読む方法はありませんでしが、

サンデーうぇぶりでは最新話のみ無料で読み進むことができます!!

しかし、無料で読むことができるのは初回のみです。

お得に全巻読む方法

全巻まとめて読み返したいという方には「コミックシーモア」をオススメします!!

コミックシーモアのオススメポイント

  1. 初回限定特典で1冊70%OFFクーポンがもらえる!
  2. 月額メニューへの登録で登録分のポイントが返ってくる&継続に応じたボーナスポイントが付与!
  3. 連続訪問で最大130ポイントもらえる!
  4. LINEとの連携で最大500ポイントもらえる!
  5. 他にもクーポンやキャンペーンを活用すればさらにお得に!

★還元ポイント分で購入すれば実質無料★

全12巻6,402円(5,820pt)➡実質0円

※【葬送のフリーレン】は全12巻で合計5,820pt

⇩ ⇩ ⇩

月額メニューの例(一部抜粋)

※登録する月額メニューによって返還されるポイントは異なります。
月額料金(税込)初月獲得ポイント初回登録ボーナス(継続した場合)2か月目以降獲得ポイント
コミックシーモア50005,500円5,000pt+1,200pt5,000pt5,000pt+1,200pt
コミックシーモア2200022,000円20,000pt+6,000pt20,000pt20,000pt+6,000pt

月額メニューを2か月継続した場合

  • コミックシーモア5000:1,1000円(2か月分)の支払いで計17,400ptを獲得➡7,400ptお得!
  • コミックシーモア20000:4,4000円(2か月分)の支払いで計72,000ptを獲得➡3,2000ptお得!

以上を上手く活用すれば【葬送のフリーレン】は還元ポイント分だけで購入することができ、通常の購入ポイント分で他の漫画を購入することができます!

\【葬送のフリーレン】を全巻お得に読む/

お得に読む方法を詳しく解説!

【葬送のフリーレン】まとめ

この記事では、フリーレンの試食大魔法使いフランメについて紹介しました。

今後、フランメについても謎がたくさんあります。まだまだ、フランメが成した偉業が出てくるはずです。

フランメが登場する話についても紹介していますのでよければ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました